さく井工事の情報をチェック【気軽に依頼できる】

メニュー

重機

料金は場所や規模次第

さく井工事にかかる費用は、場所や作業の内容次第となっています。固い地盤を深く掘り進む必要がある場合ほど、料金が高くなるのです。もちろん最初に調査と見積もりとが行われるので、それを確認した上で依頼できます。また中には、万が一水が出なかった場合には料金を請求しないという業者もいます。

井戸

井戸が完成するまで

庭などの比較的狭い場所でのさく井工事は、エアーハンマー工法で行われます。空気の圧縮と解放とで、水脈に到達するまで穴を掘るのです。そしてケーシングパイプと、水を汲み上げるポンプとを設置します。水に細菌が含まれていた場合には、滅菌装置も取り付けられます。またポンプは、手動と電動とを選択できます。

工事現場

安心して依頼する為に

さく井工事を行うには、さく井技能士が所属している専門業者に依頼するようにしましょう。また、過去にどれだけのさく井工事を実施してきたのか、どのような工事を実施してきたのか、といった点で業者を選ぶ事も重要です。さらに、口コミサイトで専門業者のさく井工事中の依頼主に対する対応なども確認すると良いです。

作業員

災害時の備えとして

さく井工事とは井戸を掘る工事のことで、災害時の備えとして一般家庭でも注目が集まっています。コストはそれなりにかかるので、事前調査をしっかり行う必要があります。初期投資を回収するのは難しいですが災害時の備えとしては意味があります。

井戸

井戸を掘る目的

さく井工事をする目的は個人的に使うことは少なく、工業や農業のように大量な水が必要なときに水道料金を下げる目的で利用されています。最近では、一年中温度が変わらない地下水を使って冷暖房に使う動きも出てきています。

場所により異なる成功度

井戸

行うべきかの判断基準とは

さく井工事とは、井戸を掘る工事のことです。現代は水道が発達しており、管理もしっかりしているのでさく井工事をするのは工業目的という場合が多かったです。ですが近年、大震災の影響から自宅でもさく井工事を行い、いざという時の水源確保としようという人が増えています。災害用として井戸を掘る場合でも、成功するかどうかは主に場所にかかっています。さく井工事はかなりの費用がかかり、水源が近くにない場合は非常に高額となることもあります。災害用と割り切るのならばよいのですが、工業用ということで費用対効果を考える場合には慎重に考える必要があります。必ずしも成功するとは限らず、初期投資と汲み上げにかかる費用をまかなえるほど水道代の節約になる場合は限られているためです。非常に大規模な工事で、水の使用料が極端に多い場合や、水源が近く比較的簡単にさく井工事ができる場合はコスト的に見合うものとなることがあります。たいていは調査段階である程度の見積もりがでるので、そのときに考えるとよいでしょう。また、よい業者か見極めるにはこうした調査段階でしっかりと費用とそれに対する効果を説明してくれる業者かを見るのがポイントです。さく井工事の費用は追加費用が出ることも少なくないので、最初にどういう条件で追加費用が出るのかをきちんと説明してくれる業者を選びましょう。費用の内訳についてもきちんと説明してくれるか、極端に安すぎないかなどもポイントです。また、さく井工事を依頼する前に注意すべきポイントとして土壌汚染調査が挙げられます。土壌汚染調査を行わずにさく井工事をし、その井戸水を利用すると人体に影響を及ぼしてしまうので避けるためにも土壌汚染調査を依頼するようにしましょう。

Copyright© 2018 さく井工事の情報をチェック【気軽に依頼できる】 All Rights Reserved.